世を捨て街へ出よう

世を捨てた若者の日々の記録です。

20年使った冷蔵庫がついに壊れた

冷蔵庫がとうとう壊れました。

ボクが生まれた頃から家にあったであろう20年も使っていた冷蔵庫です。

汚れのない幼き日から汚れきった大人になるまで見守り続けてくれた冷蔵庫。

あの扉を何度開けたことだろうか・・・。


昨年の夏あたりから時々異音がするようになり、若干の機能低下を起こしていました。

そろそろ壊れるなとは感じていましたが、まだ冷えているので頑張って貰うこと1年。


 ついに昨日、冷蔵庫が異様に静かになりましたw

それでも完全停止とは行かずに、一部冷凍食品が自然解凍されていたり、氷が固まらない感じになりながらもギリギリで動いてる状態。

この期に及んでもまだ最後の力を振り絞っている。

なんてやつだ…

今更冷蔵庫に愛情が芽生えてきた。

 

20年も使えた冷蔵庫のメーカー

冒頭でさらっと20年と言いましたがすごくないですか??

厳密には20年以上ですよ!

そんなICEすべき冷蔵庫を産んだメーカーはどこなのか教えしましょう。

 

我が茨城が世界に誇る家電メーカーHITACHIです

感謝の気持ちと共に「日立の冷蔵庫を買うぞ」と心に決め、R-K42Eという冷蔵庫を買いました。

本当はランクが上のR-F440Eという観音開きドアの冷蔵庫が欲しかったんですが価格差>省電力性だったのでやめておきました。

年間差額が540円、サイズも少し大きくなる、真空チルド機能も実力がわからないという点からR-K42Eを。


気になるお値段

某Y電機で10年保証付きで税込み12万円。

そこから有料会員や補償サービスに入ると三千円引き+電気屋で使える三千円商品券+1ヶ月の期限付きポイント4千円ちょい。

ただその補償サービスが入会費3000円ぐらいで、その三千円は払ってないような気がする(この辺曖昧)。


実質的には何とかカカクコム最安値に近い11万~11万3千円で買えたことになる。

カカクコム最安値に並ぶショップは10年保証なしの価格、納期もかなり遅いことを加味すると田舎での購入であってもまぁ何とか上手く買えたのかな・・・。

長く使うものや生活に関わるもの、高い物はやっぱり大手量販店で買うほうが安心だし、保証を加味すると有利になる傾向があるかもしれない。

白物は在庫スペースも食うだろうし。


冷蔵庫は買い替えでどれぐらい省電力になるのか

買い替え前の冷蔵庫

93年製、年間消費電力348kwh

買い替えた冷蔵庫

14年11月発売、年間消費電力200kwh

電力量差148kwh

1kw辺り27円で計算すると年間の差額が約4000円。

 

半額に近いw

といえば大きいけど4000円なので10年でも4万。

目先の電気代は確かに安くなるけど冷蔵庫の価格には及ばないので使えるなら壊れるまで使ったほうがたぶんお得です。

 

余談(冷蔵庫を買うに当たって得たこと)

冷蔵庫は秋ごろにモデルチェンジをするのでその新商品がでる直前がお買い得。

ただし、直前すぎても在庫との戦いになります。


設置は壁にベタ付けすると排熱性が悪くなり、冷蔵庫に負担が掛かる。

消費電力が上がることや寿命を縮める事にもなりかねません。


冷蔵庫の消費電力は容量の大小にあまり関係がない。

10万以下の冷蔵庫に消費電力が20年前のものと変わらない物が結構あった。

(消費電力の測定方法が変わった影響もある)


この傾向から言って冷蔵庫は買い換え=得にはあまりならないかもしれないですね。

ただ前述の通り半分近く省エネになるような機種もあるので、冷蔵庫を買うときは消費電力量に注意。

安い機種を買っても10年も使えば電気代の差額で上位機種と金額が変わらなくなるということもあります。