世を捨て街へ出よう

世を捨てた若者の日々の記録です。

タイヤの空気圧が不安になったのでエアゲージと空気入れを購入

最近原付を入手しましたが、タイヤを指で押すと結構柔らかいんですよね。

そのまま走るのも不安になったので空気入れとエアゲージを買いました。

 

実は自転車用の空気入れでもバイクや車のタイヤに空気を入れることができます(米式バルブ対応であれば)。

空気圧を適正値にするためにエアゲージも必要です。

 

一体型で3000円強かな~とアマゾンを見ていましたが、コスパ優れる物があったので紹介。

 

 

空気入れ

 

こちらの空気入れ。

パナレーサーとはPanasonicの自転車ブランドから独立した会社です。

ホームセンターのどこぞの安い空気入れよりはまず良いはずです。

メーカーもそうですが、タンクも付いているので空気を入れる際の反動が抑えられる。

米式英式仏式対応でボール用の口もついてます。それが1000円を切る値段

ボロくなった空気入れがあったら自転車用としてもまず買っておくべきでしょう。

 

 エアゲージ

 

続いてはエアゲージ。空気圧を測るものです。減圧機能つき。

お値段なんとほぼワンコインw

それでもこちらも車やバイク用品では有名どころのエーモン製で、レビューを見ても高評価。

この手の計器類は落としたり振動に弱いですが、ラバーのゴムが付いている点が良いです。

バルブに押し当てて使いますが、かなり強い力で押さえ込まないと空気が漏れて測れません。

慣れるまでちょっとコツがいります(多分エアゲージ全般同じ?)。

抜けすぎてやべっ!ってことにもなりかねないので、空気を入れる手段がある状況で使うことをおすすめします。

車用なので普通の自転車に使用する場合はバルブを米式に変える必要があります(工具不要で簡単にできる)。

 

エーモン エアゲージ(ホース付) 最大測定値500kPa ケース付 6778

エーモン エアゲージ(ホース付) 最大測定値500kPa ケース付 6778

 

使ってから気づきましたがこのヒモがあるモデルの方がバイクでは使いやすい気がします。

まぁ安かったからいいですが。

 

一応、一体型

 

纏めておきたいというとやはり一体型です。

上述のエアゲージは米式バルブ専用500kpaまでなので車、バイクには必要十分です。

しかしロードバイクのようなすぽーてーな自転車には役割不足。バルブの問題もある。

それがこちらなら1100kpaまでいけるので対応できます。

アルミを使うなど質感もさすがに1000円のものとは違いますw

空気圧だけ見たらすぽーてーな自転車のほうが車より高いんですね。

 

ガソリンスタンドでいいじゃん?派へ

タイヤをスタンドまで走らせるとその間に熱を持ち、空気が膨張して正しい空気圧が測れなくなります。

実は平常時のタイヤの空気を測る方がベストなのです。

車ならスタンドで空気を気持ち多めに入れて自宅のゲージで確認という感じがいいと思います。

ただ、バイク、特に原付は遠出も少なければ燃費が良いのであまりスタンドにお世話にならない。

ガソリン満タン入れちゃった後で、タイヤの空気が気になるなんていう時にもどかしいのです。

バイクなら手押しでもそんなに負担になりませんし、やはりあると安心できます。

安いし。

 

そもそも原付だとガソリンスタンドで空気を入れられない

事が多いらしい。

原付のバルブは自転車のような生え方に加えて隙間が狭いので、一般的な車用の空気入れが入りませんw

自転車用でさえ入らない事が多い。

車の場合はタイヤを縦にした時、バルブが横に生えているので側面から挿しやすいのですが。

じゃあどうするのか。 

 

キタコ(KITACO) バイク用エアーバルブ 90°エクステンション 803-0500000 オートバイ 二輪用

キタコ(KITACO) バイク用エアーバルブ 90°エクステンション 803-0500000 オートバイ 二輪用

 

 

そこでこのようなツールを使います。

ネジで回して付けるだけ。

カーブした部分を押さえながら空気入れをグッと差し込んでやる必要はありますが、大分マシです。

 

空気を入れる時だけでも、常時付けてもいいですが、常時の方がいいでしょうね。

僕は空気を入れる時だけ付けますが、それをスタンドでやると面倒くさい。

付け替える時に空気がプッシュと漏れるのでちょっと多めに入れておく必要がでますし(結局勘になる)。

 

このL字バルブはマジで神。

しかしなぜメーカーは横から生やすなり、標準でL字にしないのだ・・・。

根本から変えることもできますがタイヤ交換並の作業が必要になります。

 

これでタイヤの空気メンテナンスの不安が払拭されました。

でも適正値の前輪125kpa入れても結構ブヨブヨなんですが・・・。