世を捨て街へ出よう

世を捨てた若者の日々の記録です。

DAOKO 「THANK YOU BLUE」ツアーファイナルへ行ってきた

このブログでも何度かお伝えしているDAOKO。

僕は音楽の感度は高くない方ですが、デビュー以前から注目し続けています。

昨年は米津玄師とコラボした打上花火がヒットし、Mステなどにも出演。

一般ピープル層へまで認知度が急上昇し、さらなる飛躍を期待する年となりました。

 

そんな彼女のデビューから約3年、彗星のように駆け抜けた日々の集大成と言えるアルバムが「THANK YOU BLUE」。

そのアルバム発売に合わせたライブのツアーファイナル、Zepp ダイバーシティ東京へ行ってきた!

  実のところ、最近はアニメタイアップが増えだして彼女本来のアイデンティティを見失っている気がして少し離れていました。

ただ、このアルバムで環境が変わり、成長しつつ形を変えつつも、1本の芯のようなものはブレていないように感じた。

そして行こう!と思ったわけです。

 

チケットの整理番号は100番代後半。

前から3列目、めちゃくちゃよく見えました。

 

一言で最高。

 

特に気に入ったのはBOYのアレンジバージョンとCinderella step、GRY、ワンルームシーサイドステップです。

DAOKOブレてないな!と思わせてくれた曲でした。

 

舞台の演出も凝っていて良かった。レーザービームは外せないですね。

ダンサーのおっぱいがぶるんぶるん揺れてDAOKOから視線が逸れてしまうことが何度かあったので、ここは何とかしてほしい。

これは演出に問題があると思います。唯一の問題点でした。

 


そして来ると確信していた岡村靖幸もサプライズで登場。

水星と岡村靖幸の登場が一番の盛り上がりを見せていました。

これはテンション上がりました。

さすがやってくれましたね。

 

やっぱり行くとまた来たくなる。

ライブはいいものだ。行ってよかった。

 

THANK YOU BLUE (初回限定盤)(CD+DVD)

THANK YOU BLUE (初回限定盤)(CD+DVD)

 

 

初回限定盤には「BOY」や「FOG」や「ぼく」の新リミックスverが収録されているので必聴です。