世を捨て街へ出よう

世を捨てた若者の日々の記録です。

釣った魚を初めて捌いて食べてみた

 

夏に釣り上げたシーバスとヒラメ(と友達から貰ったイナダ)を捌いたときのことです。

手を飲み込むほどの口のデカさ!

すげーでかい・・・。

まな板に乗り切らないし頭落とすだけで大変だった。

でもめちゃウマでした。

これぞ釣りの醍醐味。

 

スズキ。

江戸時代から親しまれ、昔は高級魚とされていたもので、サイズや鮮度の良いものは今でも結構高いらしい。

 

ヒラメ

言わずとしれた高級魚。えんがわは下手くそでボロボロになってあまり取れませんでした(泣)

 

イナダ(さすがに釣ってきただけあって見るからに鮮度がいいですね~)

ブリの子供みたいなもの。

 

家で改めて大きさを再確認。

釣り場にいた時はイナダが小さく思えたんですがこれ単体でみたら普通にいいサイズです。捌くにも食べるにも運ぶにもこれぐらいがちょうどいい!

ちなみにスズキは友人が釣ったものです。

僕も釣ったのですが移動中のアクシデントで海に落としましたwww

 

こんな70センチオーバーのでかい魚を捌くのはもちろん初めて。

ちっちゃいイワシを練習がてら捌いたことしかありませんw

まな板に乗り切らないし、知識もなければ出刃包丁もないので骨が切れない切れない

トゲがあったりするし頭を落とすのにだいぶ苦労しました・・・。

 

スズキは厚切りの刺し身で。

ソテーとかもうまいらしいけど気づいたら全部刺し身で食べてた。

刺し身は初めて食べましたが意外とちょうどいい脂としっかりとした歯ごたえがあるのと、なんとも言えない上品な風味が特徴的。おいしい。

白身魚のはずですがピンク掛かっていますね。

持って帰るギリギリまで生かし、ちゃんと締めてすぐ内蔵を取り出して持ってきたのが良かったのか、なんの臭みもなくメチャウマ

実は小学生の頃、父親と港で釣りをしているときに30センチ前後のスズキ(フッコ)が釣れて焼いて食べたことがあるのですが、臭くてたんぱくで全然美味しくなかった・・・。

これが同じ魚とは思えない・・・。衝撃的な美味さ。

釣ったままバケツに入れてそのまま車で持って帰ってきたりしてたのもあるんですけどねw

 

これぐらいのサイズになればカマも焼いて一品になります。

やはり意外と脂があってコクがありうまい。焼いてもよし。

このカマ意外は半分友達と分けてあとは全部刺し身で食べました。

 

薄っぺらい刺し身にされることが多いヒラメをこちらも贅沢に厚切りに。

てかほぼぶつ切りw

釣り人の特権ですね(1人じゃ糸を結べもしない初心者w)。

このヒラメもまた初めて食べましたが衝撃的にうんまい!!!

なんてたって味が上品。

身が柔らかく淡白さの中にねっとりとした脂と旨味があって優しい口溶け。

高級とされるのが納得の味。

釣りたがるのもわかる。

こんなのを煮付けになんてしたらどうなってしまうのか。想像しただけで恐ろしい。

煮付けスキルが足りないのでやりませんw

 

イナダ。

やはり刺し身でしょう。

こちらはよくスーパーでサクを買ってたので見慣れたものでした。

でもやっぱり売ってるものより臭みがないですね。身もしっかり! 

 

頭やアラは潮汁にして余すところなく頂いた。

 

 

スズキは特に量があったので画像は一部です。しばらく刺し身を食いまくりましたw

 このぐらいいつも釣れたら面白いんですけどね~。

その後、この快感が忘れられずに二回ぐらい釣りに行きましたが、釣らないままでは帰れなくなって12時間以上やっても釣れないという雪辱を味わうことになりました。

 

貝印 KAI 関孫六 本鋼 出刃包丁 150mm 銀寿 AK5202

貝印 KAI 関孫六 本鋼 出刃包丁 150mm 銀寿 AK5202

 

 

memetaa.hateblo.jp